ブロ愚

日々徒然と妄想文

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07thぱーちー

ハメひかで申し込みました! カップリングなのかは疑問な感じのB6横フルカラー絵本……が出せるといいなあ。あとストラップ作りたいですひかるちゃんの。需要なぞ知らぬ。

「博士の愛した数式」呼んで天田と天田母ってこんなかんじの親子だったのかなーと思った。
なんとなく、天田家は貧しそうな印象があるのですが実際はどうだったんでしょう。治安の悪い通りにあっても、少なくとも一軒家で栄えている駅前にあるということは意外とお金持ちだった可能性も否定できない。
私立の月光館に入れられたのがどうも母親が亡くなってからっぽいので、天田を引き取った親戚さんはそれなりに裕福なんじゃないかと思っています。ハレグゥのウェダみたいに、いいとこのお嬢さんが妊娠して勘当……というイメージ。
あの家は餞別みたいな感じで貰ったのか、あるいはアンノウンな天田父のものか、家主が留守の間住み込みで家を保持する仕事だったのか……。駐車場になってるあたりからすると最後のはないかな。
真田さんが十年前はこの辺りは何も無かったと言ってるので、昔から住んでるって線は無いんですよね。
となるとやっぱり勘当→餞別が一番話が通りそうな気がしている。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。