ブロ愚

日々徒然と妄想文

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
荒垣さん考察と妄想メモ
ポメラの中で眠ってた妄想考察メモ
ほぼただの妄想




・きちんと話して和解してからの10月4日的な流れを妄想してたんだけど、小学5年生に諭される高校3年生みたいな構図になった揚句荒垣さんが天田に惚れかけていて荒主じゃなくなってる やばい
天田はP3内受け攻めヒエラルキーの頂点に立ってる(※私の中で)から仕方……ない……?
ペトリを未だに観ていないので脳内大人天田がスーパー攻め様状態になってる


・すごく今更な話かもしれないけど
真田さんが力を求めてたのは美紀を救えなかった悔しさ故に(今後の誰かを守るため)っていうよりも弱い自分を否定したい、違う自分になりたい(なって忘れたい=自分を守りたい)からで
荒垣さんが死んだことで「俺は俺であることから逃れられない=自分以外の何者にもなれない」(忘れることができない)ことを受け入れるのか
本当にあの二人よく似てるな
「同類なんだよ……俺もてめえも」って台詞からして荒垣さんはそのことに気づいてるんだろうけど、ってことはやっぱり双子座のペルソナは自分自身っていうか「なりたい自分」なんだろうな
真田さんは不死(倒れない傷つかない)のポリデュークスになりたくて、荒垣さんは真田さんの兄(庇護者)でありたかったからカストールなのかな


・荒垣さんのオカンなところは愛情を得たいが故に無意識にそうなっちゃたんだったりして 寂しくて泣いているような子に寄り添ってあげてさ、あれこれ面倒見てたら(形だけのものとしても)その好意って返ってくるじゃん(例:真田)
ああこれでいいんだ、と思って愛情を得る行為としてそういうことがインプットされてたとしたら、現状の荒垣さんがすごい寂しがり屋に見える


・荒垣さんにとって「我が子を庇って死ぬ母親」ってのが衝撃的だったら萌えますね 彼の中の実母って存在への憧憬と合体事故起こして神様見ちゃった!的な心境だったらなおのことm(ry
荒垣さんが長いこと養子にならなかったのは「本当のお父さんとお母さん」が迎えに来るのを待ってたからとかだと私が死ぬ(萌えで)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。