ブロ愚

日々徒然と妄想文

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黄金の魔女の黄昏
うみねこep8感想。
プレイ自体は3日に終わってたんですけど、落ち着いて感想が
かけそうになかったので先延ばしにしてました。


では続きから。勿論ネタバレ注意です。
あと自己流の解釈で語っていますが、それが完全で正しい、とは思っていません。







ロリえんじぇーーーーーーー!!
ようじょ!ようじょ!つるぺた!ようじょ!
ep1で「6歳の妹がいる」と出た時点からずっと待ってました。本当です。
あとキャラクター紹介のウィルと理御のアイコンなんですけど……
あいつら結婚でもしたんですか。前回の終わりが燃えるものだったので
あっさり出てきてすごく拍子抜けしたんですけど、
結婚したならもうしょうがないので許します。ハッピーウエディング。
バドミントンとかいちゃいちゃしてんじゃねえよ!くそ!萌える!

クイズは最初の正解数11でした。真理亜のひっかけまあ引っかかったよね。
謎解きは南條先生が死んだときの譲治と戦人の紫発言が矛盾してたんで
私だったら戦人を犯人にする(その後の展開的に)
という理由で決め付けそれを取っ掛かりにしました。
その後縁寿に「お兄ちゃんが皆を殺したのね!」って詰られると思ったら
まさかのヱリカ登場で痺れた。

最初に魔法エンドやったんですけど、ボートのシーンやばかった……。
目が痛くなるくらい泣きました。
ep8は後片付け、つまりは本編の殆どが縁寿のための物語だったわけですが
あそこだけはずっと戦人の帰りを待ってたベアトのためのシーンだったのかなと。
「お前は俺のものだ」って言われて、ようやくベアト報われたんじゃないかなあ。

それと何と言いますか、縁寿に共感したというのもちょっと違う気がするんですが。
死んだ人の記憶って、すごく歪みやすいんですよね。それも悪い方向に。
本当のことなんかもうわからないし。でもなんというか、いい言葉が見つからないんですけど。
自分の心ひとつで、「愛のある解釈」をすれば、暖かなままに出来るんだなって思ったら
すごく嬉しかったんです。嬉しかったんです。

でも手品エンドのシビアさも好きです。ラストのあの流れに痺れた。
真実の魔女コンビいい。コンビ人気投票で票入れたいくらい。縁寿△


最後に外側の話になりますが。
”『ひぐらしのなく頃に』を書いた竜騎士07”でないと書けない話でしたね。
ひぐらしを書いて、何を言われて、何を思って、うみねこに反映させようとしたのか
今回が一番はっきりと描かれていたと思います。ややわざとらしいくらいにw
最初にベアトリーチェ(竜騎士さん)が出題する。戦人(プレイヤー)が挑む。
偽書(同人誌)が出回る。そのうち、まわりの何も知らない人たちが、
上辺のイメージ(残酷描写)だけで本来のもの(テーマは絆とか信頼)を
食い尽くしていく(アニメは放送自粛になったはず)。
ひぐらしにまつわって起きた出来事、というか竜騎士さんの体験をまるっと
こういう物語にしちゃうっていう発想と技量がすげえ。
もちろん単体の物語として成立していますし。
自分の書いたものを大切にしているんだなあ……と話の関係ないところで
ジンとしてしまったりw最も作家らしい文句の言い方ですよねw見習わなくては……。
何はともあれ、おつかれさまでした。
私達には猫箱を。魔女には眠りを、物語には喝采を。
また何かのなく頃に。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。